10月6日(土)奥三河集会〜黄柳野の地に若人の歓声が拡がるフェスへ〜

 木造の校舎と中庭10月6日(土)に奥三河・黄柳野高校でオータムフェスティバル奥三河会場が開催されました。
この学校はほぼ全寮制の学校で、新城の大自然にかこまれた木造の校舎が特徴。
文化祭と同時開催となっていました。
中庭に、PTAや地域の団体が模擬店をならべ、バザーや様々なたべものをふるまっていました。

寮対抗の綱引き中庭にもうけられたステージでは、生徒たちのバンドやダンス、様々なパフォーマンスが、生徒たちの司会で行われていました。
ひときわもりあがったのが、寮対抗のつなひき。寮ごとでトーナメント方式で、寮生らがチームと成り、こころをひとつにしてのつなひきだったのですが、人数も異なれば、つなひきにOBや他の寮の生徒もはいった、まさにルール無用のバトルロイヤル。負けるな負けるな、わっしょいわっしょいの大歓声があがっていました。生徒の中には、「PTAの皆さん、私たちの寮に加勢して下さいっ!」と大声で、よびかける場面も。その声にひきよせられ、オータムフェスのゲストだった「おっくん」がつなひきに加勢。大きく盛り上がりました。

ちょんまげ隊講演他にも、音楽堂には、黄柳野高校が被災地支援にとりくんできたことを紹介する写真が並べられていた他、被災地で起こった様々な復興のドラマを各地で語っている「ちょんまげ隊」ことツノダヒロカズ氏の講演もありました。




奥三河集会おっくん講演そして、文化祭がフィナーレをむかえた後、音楽堂にPTAの皆さんも含めて集い記念式典。PTA代表、校長、父母懇代表、中央実行委員会代表らが登壇し、このオータムフェスを開催する意義と、教育の公平をめざす署名活動への協力を呼びかけました。
その後は、黄柳野高校の生徒らが被災地を訪問するなかで、つながった人気アカペラグループ「ラグフェア」のボイスパーカションのおっくんの「ラッキーとハッピーの見つけ方」と題する講演。自身が、高校生時代、勉強ができずに悩んでいるときに気象予報士をめざして合格したことや、その後、ボイスパーカッションに目覚めたときのことなど、人生のなかでワクワクを大事にしながら、いろんなことに挑戦することの大事さを生徒たちにかたっていました。

記念写真そして、5つのchと2つのWが大事とまとめていました。その後は、高校生たちもまじえたパネルディスカッションに。会場からの質問にも答えながら熱心な討議がつづきました。
そして、最後はおっくんを中心に、みんなで記念写真。ひとりひとりの最高の笑顔が、この日の達成感を示していました。3会場目となった奥三河のオータムは、自然の暖かさにつつまれた、心地のよいフェスティバルになりました。
文責)Men
  • 2012.10.08 Monday
  • 01:22


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

サイト内検索

その他

モバイルでもチェック!

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM