◇レポート◇西区フェスティバル2011〜私学も無償化に・街とつながる学校をめざして〜

 11月23日、サンライフ名古屋にて、西区オータムフェス「西区フェスティバル2011」が開催されました。曇りから雨へと変わる天候の中での開催となりましたが、小さな子どもたちからお年寄りの方まで、多くの方が参加されました。



 午前の企画では、屋内では、将棋大会、高校進学を考えるつどい、3種類のセミナー、バザー、市民・中高生のふれあいステージが行われました。特に市民・中高生のふれあいステージでは、舞台では笑顔があふれており、観客席のほうにも笑顔が伝染していくようでした。庄内まちおこし隊による民踊は高校生を誘って、共につくり上げる舞台となり、初めは戸惑っていた高校生でしたが、次第に民踊を楽しんで踊っていました。


 午後からは、記念式典が行われました。

 
 はじめに、椙山女学園フィルハーモニーオーケストラによる演奏が行われ、つづいて、希望プロジェクトの生徒による合唱・群舞が行われました。

「東北に希望を届けたい。教育の公平を。」と願う、生徒たちの熱い思いで会場は包まれ、そのメッセージは参加された方々の心に強く響いたと思います。

 


 その後、愛知県議会議員、熊田裕通氏、半田こうじ氏、市議会議員、わしの恵子氏、堀場章氏、鹿島としあき氏、さわだ晃一氏、山田まな氏が登壇され、来賓の方々が紹介され、会場校代表挨拶、基調報告、その後来賓挨拶が行われました。
 
 熊田議員に「公立高校の無償化に伴って格差が広がることは当たり前です。子どもたちが自由に高校を選べるように努めています。子どもたちから笑顔がなくなることのないようにしていきたい。」と、半田議員に「娘を高校に通わせるときに、家族3人で相談し、特色のある私学を選択しました。子どもが入りたいと思う高校に行けるように、私自身努力していきたい。」と、わしの議員に「どの子どもにも十分な教育を受ける権利があります。過重な学費負担により、私学を選択しにくくなっています。すべての子どもが自由に、安心して私学を選択できるよう、私学の無償化に向けて尽力を注ぐことを約束します。」と、お言葉をいただきました。


 
 式典の後は、羽生善治氏をお招きしての記念講演「子どもに広がる将棋の魅力〜夢は目指したときから目標に変わる〜」が行われました。自身の将棋との出会いから将棋を通じて学んだことを私達にも分かりやすいように例えながらお話しいただきました。会場からは時折笑い声が響いており、参加者の皆さんは楽しんで講演を聞けたと思います。

 

 その後、山口晃司氏による津軽三味線が演奏されました。後ろの席からは声援が聞こえたり、市民の方々が演奏に合わせて踊ったりする場面もみられました。



 西区フェスティバル2011は参加した高校生や父母、市民によって臨機応変に対応し作り上げられており、それは地域の方々と生徒たちが人とのつながり大切にしているからこそできたことだったのではないかと思いました。
  • 2011.12.05 Monday
  • 15:55


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

サイト内検索

その他

モバイルでもチェック!

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM