11月17日(日)郷土・ゆめ・ふれあい祭り in 岩倉

 11月17日(日)爽やかな秋晴れの中、岩倉市の岩倉市総合体育文化センター多目的ホールにて、「郷土・ゆめ・ふれあい祭り in 岩倉」が開催されました。会場内では、市民の作品及び私学各校の作品等の展示、東北物産品の即売が行われ、来場した市民が足を止めていました。


 ステージ企画としては、13時からあすなろ太鼓と大同高校ダンス部によるオープニングで始まり、次の誠信高校書道部の書道パフォーマンスでは、GReeeeNの刹那という曲に乗せて、巨大な紙に部員たちが交代で筆を入れて作品を完成させ、でき上がった作品からは夢を叶えたい思いを力強く表現しているように感じられました。


 続いて希望プロジェクトとして、ステージいっぱいを使った群舞と合唱の発表があり、生徒たちの迫力に思わず圧倒されてしまう程でした。その後の式典では、来賓としてご参加頂いた高桑敏直県議と、岩倉市教育長の長屋氏からのご挨拶や、基調報告等がありました。


 式典後には、記念講演が行われました。最初に岩倉中学校3年生の川田さんより、8月4日から10日までモンゴルを訪れた海外派遣報告があった後、モンゴル出身で同朋高校の卒業生でもあるシンガーソングライター、オユンナさんが登場し、「ひとひらの平和」というテーマで講演がありました。その中で、広島への原爆投下や東日本大震災等の災害に関して、決して忘れてはいけないことだと訴えると共に、原発については後の子供たちの世代に核廃棄物の処理を託してはならないと強い思いを伝えていました。
 また、講演途中にはステージ上にピアノが登場し、モンゴル語で「ヒロシマの少女の折鶴」「天の子守歌」の2曲を披露していただき、会場の皆さんも迫力のある歌声に聴き入っている様子でした。

  • 2013.11.18 Monday
  • 14:27


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

サイト内検索

その他

モバイルでもチェック!

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM