11月18日(日)〜つながれ絆 夢と希望へ 秋フェスタ in 長久手・千種・名東 2012〜

 11月18日、栄徳高等学校にて、「つながれ絆 夢と希望へ 秋フェスタ in 長久手・千種・名東 2012」が開催されました。天気にも恵まれ、非常に多くの方々が参加され、会場は熱気に満ちていました。
記念式典は午後1時から体育館ステージで行われました。

 オープニングを長久手歴史トラベラーズが務め、殺陣を披露していただきました。続いて高校生フェスティバルによる群舞、合唱がありました。群舞はとても迫力があり、高校生達の教育の公平への強い希望を感じ取ることができました。
その後、会場校である栄徳高等学校の木村久和校長からの挨拶があり、続いて基調報告、そして来賓である愛知県議会議員の筒井タカヤ氏、石井芳樹氏、長久手市議会議長の伊藤祐司氏にご挨拶を頂きました。「愛知県の財政状況は皆様の予想以上に厳しいが、私学の助成問題に真剣に取り組んでいきたい」、「再来年の県予算では減税を盛り込もうという動きがあるが、減税をする余裕があるならば私学への助成にまわせるはずだ。皆様の思いを議会で訴えていきたい」、「教育の公平の重要性を国に訴えかけていく」などのお言葉を頂きました。いずれも、教育の公私格差の是正に注力していく意向を述べられ、教育の公平を目指すこのフェスティバル及び関係者への励ましのお言葉を頂きました。

 式典の後は、アニメ『ONE PIECE』の主人公ルフィの声でお馴染の、田中真弓女史による講演が行われました。女優(声優)を志したきっかけ、褒めて育てることの重要性、イジメに関することなど、自身の体験談に基づいて、終始楽しくお話を聞かせて頂きました。特に『ONE PIECE』の主人公が友達を殴って涙を流したシーンを引き合いに、「痛みを伴うのは、拳を振るったほうであってほしい」との説明は印象深かったです。

その他、様々な講座やステージ企画、模擬店、フリーマーケットは、多くの人で賑わっていました。一部ではありますが、紹介させて頂きます。 
 ステージ企画では演劇、津軽三味線の演奏等が行われ、たくさんの人々で賑わっていました。享栄高校チアリーディング部では、組体操に来場者も参加でき、演者とお客が一体となっていました。

 今回の「つながれ絆 夢と希望へ 秋フェスタ in 長久手・千種・名東 2012」では、ゲストが田中真弓さんということもあり、迷路やぬり絵、イラストコンテストなど『ONE PIECE』に関する企画が多く見られました。また、演劇も海賊ものが披露されていました。
今回のフェスティバルでは、小さなお子様から年配の方まで様々な方が楽しんで参加されており、私学と地域が密接に関わっていることがわかる、素晴らしいものとなっていました。公立と比べて十分な支援を得られない私学ですが、これからも住民と一体となって地域を盛り上げていってほしいと切に願います。

  • 2012.11.28 Wednesday
  • 11:31


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

サイト内検索

その他

モバイルでもチェック!

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM