11月4日(日)〜 '12日進東郷 秋のふれあいフェスティバル〜


 11月4日、東郷町イーストプラザいこまい館にて、「秋のふれあいフェスティバル 日進・東郷´12」が開催されました。当日は、雲ひとつない晴天で、 野外会場の芝生も非常に心地よく、盛り上がりました。例年は日進市で開催していましたが今年は初めて東郷町で行ったそうです。


 式典は満員の多目的室で午後1時から行われました。前半は諸輪祭囃子太鼓から始まり、沖縄民謡、希望プロジェクト第2幕と披露されました。後半は、フルート演奏、朗読が行われました。



  式典では、右田量則実行委員長父母代表の挨拶はじめ、教員代表牧亮、川瀬東郷町長、石川東郷町議会議長、近藤県議の挨拶をいただきました。私学助成の話題を皮切りに各氏「教育に公平を」というテーマについて熱いメッセージをいただきました。



 教育講演では、名古屋大学教授 町田健氏による「ことばの不思議、日本語の不思議」という内容で講演を拝聴しました。最近はテレビでもご活躍な町田先生ですが、テレビは出るのも見るのも大好きだそうです。日本語の歴史をさかのぼって解説いただき、諸外国語との比較からその他言語にはない日本語の面白さ、特異さをお話しいただきました。開始時間が大幅に遅れましたが、延長してまで質疑応答にも丁寧に対応くださり町田先生の人柄にも大変感銘いたしました。


 午前中から野外では、群舞、ダンス、フルート、銭太鼓、和太鼓などの企画が催され、模擬店、バザー、青空囲碁教室も大盛況でした。



  午後からは、市民バンドの演奏もありました。館内では、劇団I&Iによる演劇、ビーズ、理科実験講座、男気講座、スタジオライブ、ベトナム料理講座など多彩なラインナップが行われました。ほんのいくつか紹介させていただきます。日進商工会女性部による銭太鼓は女性だけのチームですが、圧倒的な迫力でした。スタジオライブでは東海学園軽音楽同好会による演奏で観客と一体になりました。ベトナム料理教室は、講師はじめ3名のベトナムの方による本格的な指導で、ネムランという揚げ春巻などを学んでいました。市民バンドはフォークソングの演奏で三方とも大学時代からの同級生で公立学校の教員だったそうで66歳のトリオです。
 愛知私学の「まちとつながる学校」の合言葉通り、今回の東郷町でのイベントは、地域の様々な団体、人びとの参加、連帯、ご協力により、物事を一体となって成し遂げようとする圧倒的なマンパワーが滲み出る一日であったと感じ入りました。

  • 2012.11.08 Thursday
  • 10:14


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

サイト内検索

その他

モバイルでもチェック!

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM