10月28日(日)〜めいほくフェスティバル 楽市学座〜

10月28日、東海中学高校にて、「オータムフェス・夢の学校 めいほくフェスティバル 楽市学座」が開催されました。10月の冷たい雨が降り、あいにくの空模様ではありましたが、非常に多くの方々が参加されていました。

 記念式典が、午後一番に講堂で行われました。

 はじめに、東海高校の林道隆校長による挨拶があり、「希望プロジェクト」が行われました。東海中高・淑徳中高オーケストラ部、至学館高校ダンス部、聖隷チアリーディング部による演奏・演技の後に、高校生フェスティバルによる群舞と地上の星の合唱がありました。生徒たちが学業とともに力を入れている部活動の精度の高さに感動し、また全ての子どもに学ぶ権利と学校選択の自由を保障する「公私格差の是正」や「自分の行きたい学校に気兼ねなく自由に通いたい」という熱く切なる願いを強く感じました。
 その後、愛知県議会議員の塚本久氏、安藤雅彦氏、荒深久明臣氏、佐藤あつし氏、野田留美氏、いぬかい明佳氏6名による挨拶が行われました。「このような活動での声を出来る限り県政に届け、働きかけていきたい」「10年後、20年後の社会を担っていくのはこの場にいる生徒。教育整備に尽力していきたい」「人を育てやすい県でなくてはならない。そのためには教育の公平を」などのお言葉を頂きました。いずれも、教育格差の是正に力を注ぐ意向を述べられ、教育の公平を目指すこのフェスティバル及び関係者への励ましをいただきました。

 式典の後は、記念講演企画として高田万由子氏をゲストにトークショーが開催されました。会場からあふれるほど多くの方が参加しました。東京大学を選んだ理由、勉強法、子育てに関する話題から、恋愛、夫婦円満の秘訣まで、高田さんの柔らかく温かいお人柄で終始楽しくお話を聞かせて頂きました。
 その他、様々な講座やステージ企画、模擬店、フリーマーケットがあり、多くの人で賑わっていました。一部ではありますが、紹介させて頂きます。


マクラメ編み

スイーツデコ体験

ソープカービング


名古屋城 ヒメボタルの教室


折り紙でアンパンマンと愉快な仲間達
 
 このフェスティバルのサブタイトルは「楽市学座」。65もの講座が開かれました。学生や父母、地域で活動されている方々による多種多様な講座は、どれも魅力的なものであり、子どもから年配の方まで楽しみながら学ぶことのできる場であると感じました。


 校舎に入るとまず目に入るのが、模擬店を開いている元気な学生や父母の姿。食堂では、フリーマーケットも開かれていました。模擬店、フリーマーケットでは、地域の方々がたくさん参加しており、笑顔があふれ、地域のつながりを感じました。
オータムフェス・夢の学校 めいほくフェスティバル 楽市学座では、学校と地域が一体となり、学びながら楽しんでいる様子が印象的でした。公立無償化の一方で十分な支援が得られない私学ですが、生徒たちの輝かしい姿やその笑顔の中からは、未来への希望を力強く感じ取ることができました。すべての子どもたちが、希望や期待を持って自由に羽ばたける未来を心から願います。

  • 2012.11.06 Tuesday
  • 13:35


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

サイト内検索

その他

モバイルでもチェック!

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM