12月1日〜ふれあい夢フェスタin東海・知多〜

晴天の中、オータムフェス最終日「ふれあい夢フェスタ in 東海・知多」が開かれました。

最後ということで、事前に高校生たちが、外で
群舞の練習や、高校生宣言の練習をしっかりしておりました。

日本福祉大学付属高校の太鼓にはじまり、
名古屋経済大学高倉高校のカラーガード部、
威風堂々気楽という、地元の太鼓をやっている団体、
さらには、日本福祉大付属高校の吹奏楽による「あまちゃん」の演奏など、
立て続けに、元気な演舞・演奏がありました。
最後には、知多シティコーラスということで、
知多市にあるいくつかのコーラス団体が一緒になって映画の名曲を歌っておりました。



外の出店がない会場でししたが、
見に来られている方は、老若男女、本当に様々で、
地元の方々に支えられた企画になっていました。

そして、記念式典。
愛知県会議員、自民党の神野博史先生、
佐藤一志先生、民主党の佐波和則先生の3名がいらっしゃって、
高校生の群舞、高校生宣言を鑑賞されたあと、ご挨拶をいただきました。
公私格差についての、熱いお言葉をいただき、こちらも熱い思いになりました。




「花は咲く」を全員で合唱。
父母の方、先生方だけではなく、知多シティコーラスの方まで一緒になって
歌っている姿は、皆の思いが一体となったように思いました。

そして、次に雨尾幼稚園 鼓笛隊の合奏。
保護者の皆さまが見守る中、かわいらしく、そしてしっかり演奏できていました。



その後は、ホンマでっか!?TVでおなじみの池田清彦先生のお話でした。
「少しの努力で”できる子”を育てる!池田清彦の子育て術」
ということで、子育ての仕方を教えていただけるのかな?と思いきや、

7〜8歳くらいまででないと、
英語を母国語にするためのネイティブにはならないということや、
脳の働き、体の働きによる、子育ての臨界期を教えていただけました。
仕方というより、知っていると知らないとでは、
大きな違いなんだろうなということを、たくさん教えていただけました。
勉強の方法も、詰めてやった後には、しっかり休む必要があることや、
人間には、脳を整理する時間が大切だということなど、
体のしくみから、いろいろとお話いただけたので、とても勉強になりました。
本当にお話が上手で、飽きさせない時間でした。

あっという間に講演も終わり、フィナーレへ。


よさこい踊りの「らんラン東海チーム」の精鋭たちが、踊ってくれて、
会場を盛り上げ、最後の締めは、やはり群舞!
高校生、先生方、父母懇の皆さま、始まる前は、きっとこんなにできるのか!?
というほど、ハードなスケジュールだったと思いますが、
これで、ラスト!!!ということで、本当に笑顔で締めくくっておりました。
この気合の入った踊りは、見ている人にしっかり伝わったなと感じました。
本当に、運営の皆さま、お疲れ様でした!!!

 
  • 2013.12.05 Thursday
  • 10:01

11月24日(日)〜もりやま彩祭2013〜

“秋うらら”申し分のない最高の天気のなか、守山区役所にて、“もりやま彩祭(いろどりまつり)2013”が開催されました。
 午前中は、会場の半分を、“みんな集まれ!ちびっこ広場”とし、展示および体験コーナーが開催されました。少し紹介させていただきますと、金城学院大学ボランティアネットワーク(KGVN)の皆さんが体感ゲームを行い子供たちを楽しませてくれました。子供に特化したボランティアサークルで将来その分野での活躍を目指すお姉さんたちの集団です。
 


 
市邨サイエンス部と愛知中学科学部はおもしろ科学実験を実施しました。
 

 
写真の左側の彼はまだ中一でこういったイベントを6年間頑張る予定だそうです。

会場のもう半分はステージ企画でした。年齢別のダンスや太鼓が披露されました。守山を中心に活動している「馬っ子」の太鼓と篠笛の迫力に圧倒されました。メンバーの中にはまだ始めて半年という女性もいました。職場の友人に誘われてはまってしまったそうです。

 

 

屋外では模擬店とバザーが開催されました。
 午後からはいよいよ式典です。高フェスによる希望プロジェクト第3幕、群舞のあとは、市民合唱で太鼓チーム、聖霊チア、女性コーラス、東海中学オケ部といった演者総出演による「花は咲く」は圧巻でした。

【写真201211】女性コーラスの“Saraハーモニー”は今年25周年になる廿軒家小学校PTAのOBママさん軍団だそうで参加して本当に良かったと話していただきました。
 

もりやま彩祭・高井実行委員長の開会宣言からはじまり、野田るみ県会議員のご挨拶、来賓を代表して東邦高校・村田理事のお話、基調報告は塩塚オータムフェス副実行委員長から愛知私学の現状と昨年からのさらなる公私格差への懸念が訴えかけられました。最後は加藤元子副実行委員長の集会宣言で幕を閉じました。


 
 ゲスト企画は、歌手の八神純子さんとフリーアナウンサーの服部恭子さんの講演およびミニライブ。八神さんは現在アメリカ在住で、歌手活動再開のため日本へ戻った際に東北大震災に遭遇し、日本人としてなんとかしなくてはという気持ちからトランス・パシフィック・キャンペーン(TPC)を立ち上げ復興支援に尽力されています。まさに今年のオータムのテーマにぴったりのゲストと言えます。八神さんと服部さんは愛知淑徳高校の同級生で、同窓会がたまたまあり久しぶりに再会して、八神さんがこんな活動していると話したことから服部さんも意気投合し参加することになったそうです。同級生というのは時を経ても良いものですね。「いま私たちにできること」をテーマに人のつながりの大切さを教えていただきました。ミニライブでは、復興支援ソング“翼”と“枯れ木に花を咲かせましょう”を披露いただき、“翼”のほうは愛知淑徳の生徒たちも一緒に歌いました。
 

そしてヒット曲“みずいろの雨”と“パープルタウン”も歌っていただきました。“みずいろの雨”の歌詞の中には「崩れてしまえ」「流されていく」といったフレーズがあり被災地では当初歌わなかったそうですが、被災者から歌ってほしいとの要望が多くいまでは気にせず歌っているとのお話もありました。八神さんの独特なのびやかな歌声と圧倒的な声量に高校生たちの間からも「スゲーうまい」という言葉が聞き取れました。八神さんと服部さんの絶妙なトークで会場が一体となり、震災をまだまだ風化させてはならないという強い想いを皆さん噛みしめて家路についたものと思料します。
  • 2013.11.28 Thursday
  • 16:11

11月24日(日) 〜郷土・ゆめ・ふれあい祭り2013in大口〜

1124日(日)大口町健康文化センターにて「郷土・ゆめ・ふれあい祭り2013in大口」が開催されました。
当日は、天候にもめぐまれ地域の方々はもちろん、県内より多数の方に足を運んで頂きました。
12:30からは、セミナー企画として合唱練習、ハンドマッサージ、羊毛フェルトでの手芸、フィットネスレッスン、指編みマフラーなどの講座が開催されました。
 

 同時に会場メインホール内にて高校生による「東北スタディーツアー」報告と東北物産展が催され会場を盛り上げていました。
 
 
その後、ステージでは、ふじゆきタカさんによるマジックショーにより幕開けし、ハイビスカス・フラの会の皆様によるフラダンスの披露により会場に花を添えておりました。

 

 

 
希望プロジェクトの式典では、生徒よる群舞や父母、教員によるピアノ伴奏による合唱が披露され、震災への思い、そして私学の生徒たちを思う熱意が会場を包み込みました。

 
 
来賓としては、大口町及び扶桑町の両副町長が登壇され私学教育の充実への思いや複数の高校がつながるすばらしさを称えたお言葉を頂きました。
 
記念講演では、お茶の間の長寿番組「笑点」でおなじみの山田隆夫さんより「ボクに運が巡ってくる55の理由」と題し、ゲームあり、歌あり、そして笑い絶えないトークショーで会場が盛り上がりました。数々のエピソードを交え「笑い」がツキを呼ぶ秘訣として心温まるメッセージを頂きました。
 
  • 2013.11.27 Wednesday
  • 23:16

11月24日(日)〜郷土・ゆめ ふれあいまつり 2013〜

1124日(日)北名古屋市総合体育館で開催されました。
北名古屋、豊山、清須、近隣地域はもちろん 各地域からたくさんの方々が来場していました。
北名古屋市内に会場をもっての開催は意外にも初めての様でしたが、会場は早い時間から
席も埋っていく状況でした。
ステージイベントでは、清須市の「さつき太鼓」、北名古屋市の師勝太鼓「こっつ」、「北名古屋市吹奏楽団」の演奏と東海中学のジャグリング・パフォーマンスが行われました。
 

式典が始まる前には、会場席も満席となり、北名古屋吹奏楽団の演奏により、式典も始まり、高校生による群舞、市民も交えた合唱で希望プロジェクトも感動も最高潮に達した。
 
  • 2013.11.25 Monday
  • 15:47

11月23日(土・祝)〜オータムフェスティバルin尾張旭〜

1123日 尾張旭市中央公民館で「オータムフェスティバルin尾張旭」が開催されました。天候にも恵まれ、午前のステージイベントから地域の方々が集まり、ステージ最後には、ご当地ヒーロー「森羅特装シュラバスター」のステージ&握手会もあったので、お年寄りから子供連れの家族までの観客が多かった。
 
 
講座では、「ソープカーピング」、「キラデコ&スイーツデコ」、「革で作るコサージュ」などの作る講座から「ぬりえセラピー」や「カラーセラピー」、「お花セラピー」など多彩な
講座が実施されていました。
 

式典は、当初用意されていた座席が瞬く間に満席となり、追加で椅子が用意され、満員となった会場がまさに一体となった「希望プロジェクト」は迫力あるものがありました。
そのなかで、高校生による群舞や生徒・教員・父母・市民による、合唱は明日の希望を強く感じるものがありました。

  • 2013.11.25 Monday
  • 15:38

11月24日(日)〜愛・あいフェスティバルinなかがわ2013〜


1124日(日)中川区役所講堂にて「愛・あいフェスティバルinなかがわ2013」が行われました。
 
当日は、天気にもめぐまれ、大勢の方々が訪れました。午前中は、黎明高校の生徒さんによるバルーンアートや、ステージ企画として、同朋高校和・輪太鼓の演奏、高蔵中高書道部による書道パフォーマンス、愛知淑徳中高ダンス部によるダンスなどが行われました。
 

午後からは、富士文化幼稚園の園児たちによる鼓笛隊が入場してステージが幕開けしました。高校生による総合芸術「希望プロジェクト」は群舞の後に、地元の友遊有ドレミファグループとの共演でハーモニカの演奏に合わせて、みんなで、東北の復興を願って「花は咲く」を大合唱しました。
 
そして、いよいよ記念式典がスタート。来賓の県会議員の方々が登壇し、公私格差是正に向けて、力強いお言葉を頂きました。
 

松岡怜子バレエ団中川研究所によるダンスの披露と、友遊有ドレミファグループによるハーモニカ演奏の後は、松本隆博さんによる記念講演が行われました。
 
「家族の絆、親への感謝〜やりがい、生きがいのすすめ〜」と題して、笑いあり、涙ありの感動ライブでした。40代で、会社をやめ、社会貢献的エンターティナーとして、全国を飛び回っており、学校講演会なども数多く行っているようです。松本人志さんの兄として有名ですが、歌の合間には、ご自身の幼少期や思春期の頃の想い出の数々を披露。「感謝は時には、長い時間軸」家族という近しい距離が逆に、時間を超えて、感謝したくなるそんなときが来るという心温まるお話でした。
 今年も、地元の様々な団体が出場して行われた愛・あいフェスティバルinなかがわ2013。最後は、大変な熱気に包まれ無事終了致しました。
 
  • 2013.11.25 Monday
  • 13:53

11月10日(日)〜ふれ愛・ときめき・西三河 フェスティバル in 岡崎〜

11月10日(日)岡崎城西高校で、ふれ愛・ときめき・西三河 フェスティバル in 岡崎 
が行われました。当日は雨模様の予報が出ていましたが、持っていった傘を開くこともありませんでした。
会場では、地域の商工会、伝統産業、農業、飲食店を営む地域の方々や高校生の元気な声が響くブースが軒を連ねました。
その数の多さ、活気に驚きました。

13:00からの式典では、NHKの復興応援ソングである「花は咲く」の合唱。
来場者も一緒に歌い、振り付けを行いました。
同じ日本で共に暮らしながら、辛さを抱える人々に思いを馳せ、高校生も大人も
共に豊かに生きること、未来をつくる教育を共につくることへの思いを共有する
暖かな時間となりました。

式典には岡崎市長も参加され、「学校、地域が一体となった学校、教育づくりは大変素晴らしい」と、お話されました。
愛知私学が長年取り組んできた、学校教育と地域が繋がる取り組みをモデルにし、地域の教育を豊かに育てていく思いを会場で共有して、終えることができました。
  • 2013.11.24 Sunday
  • 23:07

11月24日(日)尾張西部・輝良ッ都フェスティバル

11月24日(日)尾張西部・輝良ッ都フェスティバルが行われました。

紅葉も見頃、ぽかぽかとした晴天の中、一宮市の商店街に近い真清田神社と、一宮スポーツ文化センターを会場にして、実施されました。
真清田神社では、串カツ、おでん、ミネストローネなどの飲食ブースや、フリーマーケットのブースが並びました。
広場には小さなステージが設けられ、ダンス、バンドの演奏の音楽を聞きながら、暖かい食べ物を食べて時を過ごしていました。
 
12:30からは、クラシック音楽と、童謡、CMソングを融合させた、演奏で知られる、「スギテツ(SUGITESU)」のコンサート。
暴れん坊将軍のテーマソングと、ロッシーニのミックス、犬のおまわりさんと、ベートーヴェンの運命など、誰もが聞いたこ
がある音楽が、クラシックの名曲と融合して、一つの音楽として奏でられていました。
優れた演奏の技術を持つ2人だからこそ、できる演奏に惚れ惚れ・・。

13:30からは、記念式典が行われました。
私学合同オーケストラによる演奏に乗せて至学館高校ダンス部の演奏。
異なる学校で学ぶ生徒たちによるパフォーマンスが見事でした〜!

記念式典では、主催者を代表し、椙山女学園高等学校長 河野 庸介氏よりご挨拶を
いただきました。
「私学に通うことに、誇りと自信を持つことが、教育の格差を是正することになる」と、述べ、生徒、父母、教員にエールを贈りました。
  • 2013.11.24 Sunday
  • 23:00

11月17日(日)2013あっとほーむ豊明・星城 オータムフェスティバル

11月17日(日)豊明市商工会議所にて「2013あっとほーむ豊明・星城 オータムフェスティバル」が行われました。

今年は秋がないのでは!?というほど寒い日が続いている中での開催でしたが、当日は多くの方が来場されました。
 

昭和63年に発足した豊明太鼓の発表や合唱など、力強く美しい音色が響き渡りました。

式典では高校生たちの演舞や基調報告など多くの方が参加されていました。
また、豊明市長や議員の方もお招きし、私学助成の重要性や教育への想いを語っていただき、会場は一つになったようでした。
 

そして記念講演は「今でしょ!!」でおなじみ、東進ハイスクール衛星予備校現代文講師の林修先生。
『教え、育つものとしての教育』というテーマでお話をしていただきました。
軽快なトークに会場は大盛り上がり。林先生の考える教育論も聞くことができ、来場の方はこれからの教育について真剣に考える時間を過ごされていたようです。

これで終わるかと思いきや、高校生たちが最後のひと頑張り。
会場出口でSMAPのJOY!!に乗せてダンスを踊ります。同時に1億円募金や私学助成の署名の呼びかけをしていきました。 


会場に来られた皆さんがこれからの教育について考える機会となった非常に有意義なオータムフェスティバルでした。

 
  • 2013.11.22 Friday
  • 12:19

11月17日(日)大府・東浦ときめきシンフォニー

11月17日(日)ミュー いしかぜ(大府市石ヶ瀬会館)で
知多半島でのオータムフェステバル
「大府・東浦ときめきシンフォニー」が行われました!



11時から、お子様からお年寄りまでいろんな年齢層の方が、訪れておりました。

夢の学校では、
「絵手紙を描きましょう」という講座や、
「小物にデコっちゃおう!」「パワーストーンストラップを作ろう」、
「クリスマスクッキーハウスづくり」など、
お子様も楽しめる講座がたくさんありました。



いろんな年齢層の人たちが学んでいる教室がたくさんあり、微笑ましい時間でした。

そして、11時30分〜は、メインステージ企画
地元の大府太鼓「一会」や、でらおおぶ の演舞、
さらには、昨年全国2位だった日本福祉大付属高校の和太鼓部の演奏、
安城学園高校ダンス部の踊りなど、活気満ちあふれたステージが続きました。



小さい子供が太鼓にあわせて踊っていたりと、会場内は、
すごく盛り上がりました!!!

そして、記念式典へ。
希望プロジェクト「花は咲く」を高校生と、至学館大学付属幼稚園の園児、
客席に座る方も一緒になって歌いました。
東北の震災のことを忘れないこと、私学助成の大切さについても、
高校生が訴えました。



高校生の訴えの後には、
愛知県議会議員 深谷勝彦先生と、河合洋介先生にもごあいさついただき、
オータムフェスの意義や、教育に対する熱い思いも聞くことができました。



記念式典は、最後にJOYを踊って終わりました。
幼稚園児から高校生まで、皆、一生懸命な姿に、心を打たれました。

そして、そのあとは、いよいよ
特別ゲスト 大棟耕介さんの講演です。
「大人が笑えば子どもは笑う〜子どもは空気を敏感に感じている〜」

はじめに、クラウンKとして登場!
写真はとれませんでしたが、様々なパフォーマンスを見せてもらいました。
世界的評価が高いパフォーマンスに、
気がついたら、会場一帯が爆笑の渦にっ!
おでこに脚立が乗るなんて、本当に私も驚きの連続でした。

そして、病院をクラウンとして訪れている時の取材映像を見ているうちに、
クラウンKから、大棟さんへ服装チェンジ!

ここからは、大棟さんの熱いトークがはじまりました。
なぜ、クラウンという仕事をやっているのか、
クラウンという仕事の醍醐味とはなにかをお話いただきました。

私個人的には、
○自分からの目線でのスタートではなく、
 相手がのぞむ目線で話をすること。
○その場の空気を変えること
○笑顔の大切さ

このあたりが、とても印象に残りました。

本当に熱く語っていただき、あっという間の1時間30分でした。
あつーく語って、おつかれだろうに、
最後に、子供たちに、風船でいろいろと作ってプレゼントまでしてくださいました!
お心遣いに感動でした。

本当に楽しい時間でした。
あっという間のオータムフェス。

次に知多半島であるのは、12月1日。どんなドラマが生まれるのか、
今から楽しみです!


 
  • 2013.11.19 Tuesday
  • 16:02


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

サイト内検索

その他

モバイルでもチェック!

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM